« いろいろな事が「商売」になっているのですね。 | トップページ | 桜前線いよいよ宮城県涌谷町に!! »

2008年4月11日 (金)

今の世の中もなかなかすてたもんじゃない!

こんばんは。現在20時39分です。今日の宮城県涌谷町は昼前に雨が止んでいたものの昼頃から再び雨が降り出すハッキリしない天気でした。私の家のご近所にある箟岳山箟峯寺(ののだけさんこんぽうじ)には境内北斜面に約300株ほどのユリ科のカタクリが群生していますが、午前中に様子を見に行くと雨に濡れて蕾を固く閉じてまるで寒さに耐えるように佇んでいました。
さて、そんななか私は午後から暇が出来たので三陸海岸を北上してきました。宮城県の気仙沼から岩手県の宮古を経由、現在は盛岡市に隣接する矢巾町の日帰り温泉施設でこの記事を書いています。気仙沼あたりまではしっかりと雨が降っていましたが、夕方6時に宮古に着いたときは雨は止んでいました。
そんな長距離ドライブの途中、ちょっとほのぼのとした光景を目にしましたのでここでご紹介します。昼過ぎ、昼食を食べようと気仙沼駅前のある大衆食堂で『気仙沼ラーメン』を食べていました。このラーメン、気仙沼で多く水揚げされるサンマを使ってつくられているものであっさりしているのにコクもあるというなかなかのお味でしたが、今回感心させられたのは店員さんの『お気持ち』でした。実は私が店に入ってから程なく70〜80歳代の女性と50〜60歳代の男性の親子と思われるお客さんが店に入られたのですが、女性のほうがお体の具合が悪いらしくなかなかメニューを決められずにいて息子さんらしき人は困っている様子でした。その様子を見ていた店員さんがオススメのメニューを根気よく説明してようやくメニューが決まったのですが、店員さんの気配りはそれにとどまりませんでした。その女性は定食を注文したのですが、本来定食には生卵が付けられているようでした。しかし店員さんは具合が悪いのを察して「生卵をお焼きますか?」と声をかけられて実際出された卵も目玉焼きの状態でした。本来ならメニューを選ぶところだけでもなかなか決まらないとイライラするそぶりを見せる店員さんがいるなかでさらに一手間かけて本来のメニューではない卵を焼く作業までされた店員さんの優しいお気持ちに何か温かさを感じました。

|

« いろいろな事が「商売」になっているのですね。 | トップページ | 桜前線いよいよ宮城県涌谷町に!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お店の味だけでなく、優しいおもてなしがあるからこそリピーターが増えるんですよねdeliciousdelicious

投稿: 蛸 | 2008年4月12日 (土) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/20154822

この記事へのトラックバック一覧です: 今の世の中もなかなかすてたもんじゃない!:

« いろいろな事が「商売」になっているのですね。 | トップページ | 桜前線いよいよ宮城県涌谷町に!! »