« おはようございます!! | トップページ | 深夜になってようやく更新しました!!みなさんへの返事です!! »

2008年6月 5日 (木)

『神社』と『お寺』をあらためて考えます。

宮城県涌谷町箟岳山山頂の箟峯寺境内の様子です。
(平成20年6月5日午後6時42分撮影)


こんばんは!!標高が若干高い232メートル地点にある宮城県涌谷町(わくやちょう)箟岳山(ののだけさん)山頂は夕方から霧が発生してきました。宮城県地方、今夜から雨が降ると言うことです。いよいよ梅雨も近いのでしょうか?
さて、昨日の記事コメントでチューリップさんから『お寺』と『神社』の事についてのご質問を頂いておりました。今日はそのことについてちょっと記事を書き込ませていただきます。
まず、『お寺』は供養する場所ととらえられていらっしゃいましたが、寺院は『供養だけ』をする場所ではありません。実際、私が勤めている箟峯寺(こんぽうじ)では皆さん方がいろいろなお願いをされる『祈祷(きとう』ということもしていますし、結婚式もあげていただく方もいらっしゃいます。
反対に神社でも『神葬祭(しんそうさい)』という死者の『供養』をされています。
以前、チューリップさんの旦那さんの家系がキリスト教の御信者だとコメントに書き込んでいただいたと思いますが、キリスト教のように、『仏教』でも『神道(しんとう)』でも『死者供養(ししゃくよう=つまり、亡くなった方を弔う)』や『加持祈祷(かじきとう=つまり、願いを叶える為のお祈り)』を行っております。日本人の多くはこの事実をご存知の方が案外少ないのではないかと私は感じています。ともかく、まずはこの事をご理解頂きたいと思います。
近年、チューリップさんのように『お寺』は供養するところ、『神社』はお願いをするところととらえられる方が実際に多いのですが、それは我々仏教徒である『僧侶(そうりょ)』と神道信者である『神官(しんかん)』が仕事の忙しさを理由に一般の信者の方々に説明をしていないのも事実としてあるのではないかと思いますので、反省しなければならないと思います。
さて、それではチューリップさんの2つ目のご質問、なぜ鐘はお寺にも神社にもあるのか?という点について考えてみたいと思います。
皆さんは学校に通っていらっしゃった時代に歴史の授業で『神仏習合(しんぶつしゅうごう)』と言う言葉をお聞きになったことはありませんでしょうか?実は昔むかし奈良時代あたりから明治元年あたりの時代までは日本で自然発生的に生まれた『神道』とインドから中国に伝わり日本にとりいれられた『仏教』は融合されていました。その考え方が『神仏習合』と言われるものです。この動きは時代とともにいろいろな動きを見せていました。
まず、『本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)』と言う動きです。ここでは神は仏が仮にすがたかたちを変えてこの世に現れたとされていました。つまり、神様は仏様が変身した姿だとされていたのです。このような流れで神社境内には『神宮寺(じんぐうじ)』と呼ばれるお寺が付設されました。チューリップさんがコメントに書き込まれていらっしゃった『鐘』が『神社』『寺院』両方にある理由はこのような動きが根底にあると思われます。
最初はどちらかと言うと仏教が優位になっていたと思われる『神仏習合』の動きですが、だんだん考えの中心が仏教から神道へとシフトしていきます。鎌倉時代末期には『神本仏迹説(しんほんぶつじゃくせつ)』と呼ばれる思想が生まれます。神道思想が発展、仏は神が仮にすがたかたちを変えて現れたものだとされました。つまり今度は仏様は神様が変身した姿とされたのです。
いずれにしても神道と仏教、神と仏は長い間、表裏一体の存在とされてきましたが、明治時代になると状況が一変します。
1868年、政府は天皇を中心とした国造りを進めるために王政復古・祭政一致の動きをとります。そのために日本古来の宗教である神道を中心とした国造りが進み、神仏を一緒に考える『神仏混淆(しんぶつこんこう)』を禁止、神社と寺院をそれぞれ独立させ、さらには『廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)』と言う動きが出てきました。仏教寺院や仏像が破壊され、寺院が持っていた土地は潘により没収、仏教界は一時的に大打撃を受けましたが、仏教界も仏教擁護の一揆を起こす等反旗をひるがえしました。
ちょっと長くなり、わかりづらくなったかもしれませんが、ようするに『神社』と『お寺』の存在は長い間同じように扱われてきていたので『鐘』が神社、寺院両方に残されていると思われます。お分かりになりましたでしょうか?

さて、今日、コメントをお寄せ頂いた方への返事ですが、記事が長くなっていますので、また後で改めてUPいたします。申し訳ございませんが、しばしお待ち頂きたいと思います。m(__)m

|

« おはようございます!! | トップページ | 深夜になってようやく更新しました!!みなさんへの返事です!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。わかりにくい内容の文章を、的確に質問内容を把握していただき、更に説明いただきありがとうございます。聞き慣れない言葉もあり何度も読み返し、ノートに書き写してます。この話題は、毎年の様に子ども達にどう違うの?と聞かれ続け、曖昧にしていた所なので、思いきって石川さんにお尋ねした次第です。続きも是非お聞かせ下さいね。

昔大人に、お仏様にはお願い事はすべきじゃないと聞いた記憶があったのですが、私は、今があることに感謝し、ご先祖様に感謝し、そして平穏な日々が過ごせますようにと手を合わせています。(平穏な日々あることが幸せと思っていますので。)石川さんのお話しで『お寺』そしてお仏様に祈りを向けても大丈夫のようなお話なので安心しました。
急に外は雨足が強くなってきたようです。

投稿: チューリップ | 2008年6月 5日 (木) 21時20分

外は雨。音を立てて本降りです。雨降り結構好きです!雨音、自然のハーモニー?っていうか、落ち着くんです。
お寺と神社のお話、興味深く読ませて頂きました。また時々こう言ったお話をしていただけると嬉しいです。(毎日はちょっと辛いので…)

投稿: ぐっさん | 2008年6月 5日 (木) 21時44分

おはようございます。現在6日の午前5時半近くです。午前4時前にお隣に来た救急車とレスキュー車の音で起こされました。心配ですが様子を見ることに。
さて、昨夜の神社とお寺のお話。知らなかった事ばかりで興味深く読ませて頂きました。後で印刷しようかと。石川さんのお話は私にいろんな事を教えてくれます。またお話くださいね。

投稿: ムーミンママ | 2008年6月 6日 (金) 05時32分

おはようございます!
夕べはしっかりした雨音でしたね♪♪

昨日は友人(一週間前に義父を亡くされた)とお線香のあげかたとか、その他いろんな作法やしきたりなどを話す機会があり「へぇー!」の連発でした。さらに石川さんのお話しでとても勉強になった一日でした!ありがとうございました!

これから気温が上がりそうですね。みなさん体調は大丈夫ですか?
あっ!日差しが出てきました〜!

投稿: チャ太郎 | 2008年6月 6日 (金) 08時48分

初めましてsamsaraと申します。
先日箟峯寺を参拝させていただきまして、写真や由緒など私のHPで紹介させていただこうと参拝時にいただいた栞を読み、ご開帳の情報などを検索しておりましたら、導かれるように”石川さんの書き物”辿り着きました。そして、「神社とお寺」の話など読ませていただきました。これからも宜しくお願いします。

投稿: samsara | 2008年6月 7日 (土) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/21436952

この記事へのトラックバック一覧です: 『神社』と『お寺』をあらためて考えます。:

« おはようございます!! | トップページ | 深夜になってようやく更新しました!!みなさんへの返事です!! »