« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

今日放送の『あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE〜』について

箟岳山のふもとの麦畑の様子です。
(平成21年5月28日午前10時18分撮影)


こんばんは!!(^O^)/
今日で5月も終わりますね。明日、6月1日は更衣ですね。更衣と言うと中学生や高校生の制服が替わるイメージがあることと思いますが、我々僧侶の衣も明日からは夏物にCHANGEです。っておまえはオバマ大統領か?!(笑)その準備を終えたところでブログの記事を更新させていただきます。
でも今年もあと1ヶ月を過ごすと半分が終わる訳ですね。ちょっと早いですが今年の前半を振り返るとバタバタと慌ただしく時が過ぎたような状況です。ブログも更新しない日々が続いてしまい反省しなければならないところです。
さて、冒頭の画像は先週木曜日の日中、仕事で出かけていた時に見た宮城県涌谷町(わくやちょう)箟岳山(ののだけさん)のふもとにある麦畑の様子ですが、青々とした麦は順調に成育しているようです。まもなく東北も梅雨を迎えますが、季節は確実に夏に向かっているのだと実感したところです。
さて、毎週日曜日の午後5時00分からTOKYO FMをキーステーションにJapanFmNetwork(JFN)加盟の37局で放送されている『NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE〜』と言うラジオドラマを聴いていたら、今日の舞台がなんと宮城県は仙台駅、松島、そして塩竈と言う私にとってはイメージしやすい身近な場所でした。仕事をしながらだったので、ところどころしか聞くことが出来なかったのですが、仙台駅の寿司街道、松島の瑞巌寺、松島湾の遊覧船、そして塩竈の塩竈神社が登場していました。普段はこの番組の内容を聞きながら自分なりにその土地を想像しながら楽しんでいるのですが、今日は自分でも行った事のある場所だったので登場人物がそれぞれの場所にいるとこうなるのではないかと想像しながら楽しむ事ができました。私の住んでいる宮城県の様子を全国ネットのラジオで紹介されると言うのは他の町に住んでいる私であってもうれしいものでした。(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

5月30日午前0時30分までにコメントをお寄せいただいた方へ

日中は薄日が差し込んだ箟岳山箟峯寺の境内です。
(平成21年5月29日午後1時42分撮影)


こんばんは!!(^O^)/午後11時30分まで仕事をしていた石川です。(笑)
さて、明けて昨日5月29日はこのブログをご覧の皆さんがいらっしゃる場所のお天気はいかがだったのでしょうか?私のいる宮城県北部の涌谷町(わくやちょう)箟岳山(ののだけさん)では「お昼頃から雨が降り出す」と言うことが天気予報で伝えられていたものの、冒頭の画像のように昼過ぎまで時折薄日も差し込むお天気でした。夕方になってようやく霧雨が降り出し、夜になってから本降りの弱い雨がシトシトと降り続いております。明けて今日5月30日は「一日中雨降り」と言う予報が出されていますが、さていかがな事になるのでしょうか?
さて、またまたコメントをお寄せいただいているようです。ありがとうございました!!m(__)mそれでは5月30日(土)の午前0時30分までにコメントをお寄せいただいた方への返事を書き込ませていただきます。m(__)m


>>ぱせりさんへ

こんばんは!!大変ご無沙汰致しておりました。m(__)m薬来山のふもとでも初夏の訪れを感じさせる事が発生しているのではないでしょうか?
箟岳山は標高こそ一番の頂上で236メートルと言う小さな山ですが、周りが平野でその中心に箟岳山があるために数値以上に高く感じられるのでしょうね。
ぱせりさんもチャンスがあれば箟岳山にお出かけしてみてくださいね。
コメントもお待ち致しております。o(^-^)o


>>標高480mさんへ

こんばんは!!(^O^)/大変ご無沙汰致しておりました!!m(__)m
標高480mさんはだいぶお体の調子もよろしい御様子、ただしご無理は禁物ですよ。
さて、お線香の話しですが、恐らくお経文が浮かび上がるお線香は室外用ではないと思います。先日も記事にUPいたしましたが、本来お香は嫌な臭いを消し、かわりに芳香を漂わせる目的で使われています。ですから煙りが出る出ないは室内用か室外用かと言う区別にはなりません。なので煙りが出るからといって室外で使う線香と言うわけではありません。
いよいよ梅雨の季節が近づいてきました。標高480mさん、どうぞ体調をしっかりと管理をされてお過ごしくださいね!!
またコメントもお待ちいたしておりますよ!!o(^-^)o


以上、返事をさせていただきました。そのほかこのブログをご覧の皆さんもお元気にお過ごしくださいね!!o(^-^)o
では今夜はこの辺で失礼いたします。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

5月29日午前1時30分までにコメントをお寄せいただいた方へ

昨日の箟岳山から見た箟岳山北側の様子です。
(平成21年5月28日午後4時20分撮影)


こんばんは!!(^O^)/今日と言いますか日付が変わって昨日5月28日の日中は曇り空ながら時折雲のベールごしに薄日が差し込んだ宮城県の北部にある涌谷町(わくやちょう)箟岳山(ののだけさん)上空でした。冒頭にUPした画像はそんな昨日の夕方に箟岳山の標高232メートル地点にある箟峯寺(こんぽうじ)の境内からみたふもとの様子です。画像ではハッキリしないかと思いますが、ふもとの水田の稲が伸びてきた様子が箟峯寺境内からも確認することが出来る状況になってきました。季節は日一日と進んでいるということを実感できる状況です。
さて、明けて昨日5月28日の未明に久しぶりに記事を更新したにも関わらずすでにコメントをお寄せいただいているようでありがたい限りです。そんなコメントをお寄せいただいた方への返事を書き込ませていただきます。


>>ムーミンママさんへ

こんばんは!!(^O^)/早速新たなコメントをお寄せいただきありがとうございました!!m(__)m
お線香の件、おばあさまとご相談なさったようでよかったです。さて、ムーミンママさんからの宿題であるオススメのお線香ですが、私がお寺で使っている線香は沈香(じんこう)や白檀(びゃくだん)と言った香りが強く煙も発生するものを用いる為に煙が少なく、香りがきつくないお線香については良くわかりませんが、スーパーなどで販売されているお線香にはフローラルの香りを出すもので煙が少ないものもあるようです。
そのほか、何か情報をお持ちのブログをご覧いただいている方でオススメのお線香がございましたらコメントをお寄せいただきたいと思います。
ムーミンママさん、またコメントお寄せくださいね!!o(^-^)o


>>おみつぼうさんへ

こんばんは!!(^O^)/
早速情報をお寄せいただきありがとうございました!!m(__)m実は今朝と言いますか日付変わって昨日の『ウォッチンみやぎ』でもご紹介いただきました。
最近、仕事が立て込み、『人間アメダス』への投稿を自粛していましたが、昨日は時間の余裕があったので、『人間アメダス』に投稿をさせていただきました。今後とも出来る限り投稿するように努めたいとは思いますが…。
おみつぼうさん、またコメントお寄せくださいね!!o(^-^)o

以上、コメントをお寄せいただいた方への返事を書き込ませていただきました。それでは今夜はこの辺で失礼いたします。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

5月28日午前0時50分までにコメントをお寄せ頂いた方へ

昨日夕方の宮城県涌谷町箟岳山のふもとの様子です。
(平成21年5月27日午後4時20分撮影)


こんばんは!!(^O^)/
またまた半月ばかり時間をあけての更新となってしまいました。失礼いたしました。m(__)m
この間、身体は元気でした。ただ、何かとバタバタしていてなかなかブログを開く時間をとることが出来ずに過ごしておりました。このような状況のブログにコメントをいただいていた方がいらっしゃり、大変有り難い限りです。時間がかかってしまい大変申し訳ございませんでしたが、コメントをお寄せ頂いた方への返事を書き込ませていただきます。


>>標高480mさんへ

こんばんは!!(^O^)/大変ご無沙汰致しておりました。また、コメントをいただいてから半月近く経ってからの返事となり失礼いたしました。m(__)m
その後お体の調子はいかがでしょうか?最近は何となく朝晩と日中の寒暖の差が激しいように感じます。標高480mさんのコメントを拝見するとお仕事でお忙しいのではないかと思っていましたが、実際はいかがなのでしょうか?どうぞご無理をなさらないようにお過ごしくださいね!!(^O^)
絵馬の話、勉強になったとの有り難きお言葉、恐縮いたしております。『わくやの絵馬展』は6月28日(日)まで開催中ですので機会がございましたらご覧になってみていただければと思います。
また、お気が向いたらコメントお寄せくださいね!!o(^-^)o


>>ムーミンママさんへ

こんばんは!!(^O^)/こちらこそご無沙汰いたしておりました。m(__)m
ご質問いただいて、返答が遅くなり申し訳ございません!!m(__)m
さて、「お線香は何本焚いたら良いのか?」と言うご質問でしたが、答えとしては「特に決まりがない」と言う事になります。もともとお香は何故焚かれるようになったのか?『岩波仏教辞典』の記述によりますと「香を薫じたり、身に塗ったりして、悪臭を取り除き芳香を生活の中に漂わすインド古来の習俗が『仏』の供養に取り入れられた」ようです。つまり、香はもともとは現在の芳香剤のようなものであったところから発展して、「仏様に対して素晴らしい香りを差し上げる」ために焚かれるものと考えられます。ですから香りが出れば例えば線香は何本焚かなくてはならないと言う決まりはないものだと思います。ただし、我々僧侶が仏壇の前でお勤めする際のお焼香は三度行うと言う作法もあります。その作法に則れば一度に3本の線香を点ける事になります。余談ですが仏教では「3つの宝物」を「三宝(さんぼう)」と読んで大切なものとしています。その宝物とは「仏(ぶつ)」、「法(ほう)」、「僧(そう)」の3つです。「仏」は観音様やお不動様、阿弥陀様などの仏様、「法」は経典、つまりお経で、「僧」は仏教を現在まで受け継いで来られた先人の僧侶の方々です。その3つの宝、「三宝」に対して1本ずつお線香をお上げすると言うことがあっても良いのではないかと思います。或いは仏教で「三世(さんぜ)」と呼ばれている「現在」、「過去」、「未来」と言う3つの時間の世界に向けて3本のお香を薫じると言う考え方もあるかもしれません。ただ、だからと言って必ず3本の線香を点けるかと言うとそうではなくて、例えば本堂でお勤めをする場合は本尊の前に立てる大きな線香を1本だけ点ける事でお堂の中の仏様全体に香の香りが広がると言う事で、1本のお線香だけをお上げする場合もあります。ですから一般のご家庭でも一家の御先祖様をお祭りされている仏壇に線香を1本だけしか点けなかったからと言って少ないと言うことはないと思います。このように仏教では線香の本数まではしっかりと決められてはいないと私は思います。もっともそこまでしっかり決められていれば、色々な教えの「宗派」なるものが数多く出来なかったのではないかと思います。
ただ、一つだけポイントとなるのが毎日お線香をお上げになるおばあさまのお気持ちだと思います。ムーミンママさんがコメントに書き込まれていらっしゃったとおり、おばあさまがもし御先祖様の数だけお香をお上げになっていらっしゃっるのなら、おばあさまにとってのお気持ちが何かおありなのではないかと思います。そのお気持ちが何なのか?おばあさまとお話しになられ、さらにお香によってアレルギーが再発されたムーミンママさんのお体の事をご相談されなければ解決されないのではないかと思います。
以上、長々と書き込ませていただき、答えになっていないので恐縮ですが、あくまでも私の見解を述べさせていただきました。ご参考になるかわかりませんが、私はこのように思います。
ムーミンママさん、こんな答えで御勘弁いただければと思います。また、何かございましたらコメントお寄せくださいね!!o(^-^)o


>>おみつぼうさんへ

こんばんは!!(^O^)/こちらこそ大変ご無沙汰いたしておりました。m(__)m
お元気そうでなによりです。明けて一昨日のお休みはいかがお過ごしだったのでしょうか?
おみつぼうさんのおっしゃるとおり、日中は暑く感じる日々が続いていますが、明けて昨日5月27日の朝は肌寒さを感じられませんでしたか?私は明け方寒くて頭から布団をしっかり被って寝ていたようです。(笑)このようなお天気が続くと身体にはこたえますね。
おみつぼうさん、どうぞお体をお大事にお過ごしくださいね!!そしてまた、コメントお寄せくださいね!!o(^-^)o


以上、長々と書き込ませていただきました。ここに返事をさせていただいた方以外の皆さん、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。m(__)m
それでは今夜はこの辺で失礼いたします。o(^-^)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

5月13日午前3時までにコメントをお寄せ頂いた方へ

明けて昨日の朝の箟峯寺の様子です。
(平成21年5月12日午後1時29分撮影)


冒頭の画像は明けて昨日の箟峯寺境内の様子です。霧が立ち込めるどんよりとした空模様でした。
さて、ここからは5月13日(水)午前3時までにコメントをお寄せ頂いた方への返事をさせていただきます。


>>チャ太郎さんへ

こんばんは!!(^O^)/
早速のコメントありがとうございました!!m(__)m
河北新報の記事でご覧頂いた箟峯寺境内のカタクリ群生地ですが、現在のような状況になるまで20年ほどの歳月がかかったようです。やはり山野草はデリケートな植物のようで一朝一夕では成長しないようです。チャ太郎さんのお宅の庭のカタクリも気長に見守っていただければと思います。
またコメントお待ちいたしております。


>>ムーミンママさんへ

こんばんは!!コメントありがとうございました!!m(__)m
日一日と緑が深まる時期ですね。私の住んでいる涌谷町の箟岳山(ののだけさん)のふもとでは水田に稲が植えられています。これから半年間は水田の様子が刻々と変化をする様子を見ることが出来ます。日本は本当に四季折々で風景が変わる素晴らしい国だと感じています。
またコメントお待ちいたしております。


以上、今夜はこれにて失礼いたします。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『わくやの絵馬展』に行ってきました。

『わくやの絵馬展』に行ってきました。


こんばんは!!昨日、チャ太郎さんがコメントで次の更新について書かれていらっしゃいましたが、いひょうをついて連夜の更新をしています。突然の連夜の更新ごめんなさい!!m(__)m(笑)
さて、タイトルに書いたとおり明けて昨日の午後、宮城県涌谷町(わくやちょう)にある天平ろまん館で現在開催中の『わくやの絵馬展』を見学させていただきました。
皆さんは絵馬と言うと何か願い事を書いて、神社や仏閣の境内にある絵馬掛けに納めてくるものと言うイメージを持たれていらっしゃるのではないでしょうか?
この絵馬は確かに祈願やその願い事が叶った際の御礼参りの際に神仏に馬を奉納する献馬(けんば)が起源と言われています。つまり当時は移動の手段や農耕で使われていた馬を奉納していました。しかし、馬は貴重な労働力であり、また高価でなかなか手に入るものではなかったために馬の絵を書いた木の札を奉納すると言う習慣が平安時代あたりからしだいにうまれてきました。室町時代あたりになると絵の内容は馬に限らず、歌を書いた絵馬や野菜を描いた絵馬、物語や武者の姿を書いた絵馬があげられるようになってきました。
今回、この『わくやの絵馬展』では涌谷町にゆかりのある絵馬が展示されています。私の勤務先である箟峯寺(こんぽうじ)からも3点の絵馬や歌札を出品して展示をして頂いております。普段なかなか見ることができない絵馬が展示されていてなかなか見ごたえのある内容でした。
この『わくやの絵馬展』は6月28日(日)まで宮城県涌谷町にある天平ろまん館で開催されています。天平ろまん館は午前9時30分から午後5時まで開館しています。入館料は一般・大学生は500円、小・中学生・高校生は200円です。お問い合わせは電話0229−43−2100(天平ろまん館)です。この貴重な機会、ぜひ足を運んでみていただきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

平成21年箟岳山箟峯寺カタクリ日記③(最終回)

昨日の夕方の箟峯寺境内の様子です。


(平成21年5月10日午後3時45分撮影)


こんばんは!!ご無沙汰いたしておりました。m(__)m
約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。f^_^;
前回の記事でお知らせいたしましたが、TBCラジオ『グッドモーニング』に4月13日(月)の朝出演させていただきました。ちょっと緊張していて、少し早口になってしまいお聞き苦しい内容になってしまったかと思いますが、TBCアナウンサーの根本宣彦さんとフリーパーソナリティの三浦貴子さんとの会話のやりとりを通じて、なんとか箟峯寺(こんぽうじ)の境内の様子をお伝え出来たのではなかったかと思います。おかげさまでそのラジオをお聞きになったと言う方にもお声をかけていただきました。
あらためてTBCラジオの『グッドモーニング』のスタッフの皆さんに遅くなりましたが、御礼を申し上げます。ありがとうございました!!m(__)m
そして、ムーミンママさん、チャ太郎さん、おみつぼうさんにはラジオを聞いていただいた感想コメントをお寄せいただきました。遅くなりましたが、ありがとうございました。m(__)m
そして、ぱせりさんには4月16日(木)にNHK総合テレビで放送されたニュースのなかで箟峯寺境内のカタクリの様子がご紹介されていた感想コメントをお寄せいただいておりました。遅くなりましたが、ありがとうございました!!m(__)m実はNHKではこの日の他に4月22日(水)夕方に放送された『てれまさむね』の中でもご紹介いただいていました。NHK仙台放送局のスタッフの皆さん、遅くなりましたが、ありがとうございました!!m(__)m
そして、同じ4月22日(水)の河北新報朝刊でも箟峯寺境内のカタクリの様子を掲載していただきました。河北新報社の皆さん、遅くなりましたが、ありがとうございました!!m(__)mそして、チャ太郎さんとムーミンママさんにはこちらの記事をご覧いただいた感想コメントをお寄せいただいておりました。遅くなりましたが、ありがとうございました!!m(__)m
最後にチューリップさんにもコメントをお寄せいただいておりました。遅くなりましたが、コメントありがとうございました!!m(__)m
ぱせりさん、チューリップさんは残念ながらラジオをお聞きになっていらっしゃらなかったようですが、私の声はわざわざ聞くほどの声ではありませんよ。(笑)
さて、カタクリ日記ですが、カタクリの花はじつは河北新報やNHKの『てれまさむね』で取り上げていただいた4月22日には散り始めておりました。結局、ゴールデンウイーク前の4月27日(月)にはほとんど花は無くなっていました。没頭の画像はカタクリが群生している斜面の昨日5月10日の様子ですが、すでに他の草が伸び始め、木々も新しい葉っぱが姿をあらわし、新緑の季節を迎えています。結局、私の都合でわずか3回で最終回を迎えた『箟岳山カタクリ日記』、来年はもう少しマメな更新をしたいと思いますが…。f^_^;
さて、ゴールデンウイークも終わりましたが、このブログをご覧の皆さんはどのようなゴールデンウイークをお過ごしでしたか?私は仕事に明け暮れるゴールデンウイークでした。箟岳山(ののだけさん)では『つるしびなまつり』が5月6日まで行われていたためににぎやかなゴールデンウイークとなりました。その模様も時をみて画像をUPしたいと思います。
長い記事になりました。最後までご覧いただきありがとうございました!!m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »