« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月20日 (土)

宮城県沖地震から31年。岩手宮城内陸地震から1年。

岩手宮城内陸地震から1年たった箟峯寺の様子です。
(平成21年6月14日午後1時32分撮影)


こんばんは!!(^O^)/
最近、記事の更新が滞り、17日ぶりの更新となりました。ご無沙汰いたしておりました。m(__)m
さて、更新が滞っていた間の6月12日(金)には『宮城県沖地震』から31年が経過、さらにはその2日後である6月14日(日)にはムーミンママさんからコメントをお寄せいただいた通り『岩手宮城内陸地震』から1年が経過しました。
今から31年前の『宮城県沖地震』の当時、私は4歳で幼稚園に通っていました。地震が発生した午後5時14分、私は母親と弟とともに当時仙台市青葉区双葉ヶ丘(ふたばがおか)にあった母親の従姉妹さんのお宅にお邪魔しておりましたが、激しい揺れとともに台所の棚から梅干しを漬けていたガラスの瓶が落ちて割れる様子をしっかりと覚えています。幸い怪我をした人はいなかったのですが、もし台所に人が立っていたらと思うとぞっとする出来事でした。その後、父親が我々3人を車でその従姉妹さんの家に迎えに来て、当時住んでいた仙台市若林区木ノ下(きのした)にあった自宅に帰ってみてびっくり!部屋の食器棚やタンスがすべて倒れ、足の踏み場がない状況でした。
一方、去年6月14日の『岩手宮城内陸地震』が発生した午前8時43分、その時はちょうど私の勤務先であり、この記事の冒頭に画像をUPした箟峯寺(こんぽうじ)の本堂で檀信徒さんに集まっていただき、御詠歌の練習会を開催するところで、木魚を叩きながら、『般若心経』をお唱えしている最中でした。激しい横揺れを感じたにも関わらず、幸い箟峯寺では物が落下することなく、燭台も倒れることがなく揺れがおさまり、怪我をされたかたもいらっしゃりませんでした。しかし、わずか25㌔程北西に進んだ宮城県栗原市築館の天台宗のお寺に夕方伺ってみると境内の大きな石灯篭は倒れ、本堂の土台はズレてしまって大きな被害が発生していました。そしてそこからさらに20㌔程北西では新聞・テレビ等で報道されている大きな被害が発生していました。あれから1年、つい先日、およそ1年ぶりに仙台からたまたまお出かけになっていたご夫婦のご遺体が発見された他、まだ行方がわからない方もいらっしゃいます。最近、救助活動をされる方の作業の安全が確保されたとの事で栗駒山の中腹に位置する駒の湯温泉の災害現場でも行方不明の方の捜索が再開されました。確かに救助活動は困難を極めるのかも知れませんが、救助活動をされる方の安全を最優先にしながら一刻も早い行方不明の方の発見を心から願うばかりです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

6月3日午後11時00分までにコメントをお寄せいただいた方へ

今日6月3日は曇り空だった箟岳山ふもとの様子です。
(平成21年6月3日午後4時28分撮影)


さて、本日3つ目の記事です。冒頭の画像は今日夕方撮影したものですが、先の2つの記事の冒頭の画像と比べていただくとおわかりの通り今日の夕方はどんよりとした雲が広がっていました。天気予報によると明日は一日曇り空だそうです。
さて、それではコメントをお寄せいただいた方へ返事を書き込ませていただきます。


>>ぱせりさんへ

こんばんは!!(^O^)/ご無沙汰致しておりました。m(__)mコメントありがとうございました!!<(__)>
『安部礼司』は私は仕事をしながら聴くことが多い番組です。日曜日の夕方5時頃はちょうどお寺の戸締まりの時間と重なるので特に前半はよく聴くことができませんが、後半は書類の整理をしながら聴いていることがほとんどです。
ぱせりさんは31日の『あ、安部礼司』はお聞きでなかったようで残念でしたね。でもまたいつか『あ、安部礼司』で宮城県が取り上げられる機会があるかもしれませんよ?まっわかりませんが…f^_^;
麦畑の話題、今日午後のTBCラジオの『ロジャー大葉のラジオな気分』で川野目亭南天さんがラジオカーからの中継でも綺麗な風景だったとお話しされていらっしゃいましたが、これからもう少しすると各所で麦畑が綺麗な黄金色に色づくのでしょうね。
ぱせりさん、またコメントお待ちいたしておりますよ!!o(^-^)o


>>チューリップさんへ

こんばんは!!(^O^)/こちらこそご無沙汰致しておりました。m(__)mお元気そうでなによりです。(^O^)
そうですか。チューリップさんも『あ、安部礼司』をお聞きでしたか。本当、まるで声優さん達が現場にいらっしゃるような具体的な描写で展開されている番組でしたね。個人的にはまた宮城県に出張して欲しいと思うのですが。(笑)
お忙しいとブログの更新はなかなか大変ですよね。私も忙しい時期は1ヶ月以上もブログの更新をしない事がありました。(笑)でもこうしてコメントをお寄せいただく方がいらっしゃり恐縮しております。<(__)>でも更新できなくてもお付き合いしていただける方は更新をしっかり待っていてくれる事と思います。更新はご自分のペースをしっかりと保って行ったほうが良いと思いますよ。ご無理をせずに楽しいブログを展開してくださいね!!\^o^/そして、もし余裕がございましたらこちらにもコメントをお寄せいただければと思いますよ。o(^-^)o


以上、返事をさせていただきました。その他、このブログをご覧の皆さん、最後までご覧いただきありがとうございました!!o(^-^)o

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NHK総合テレビ『生中継ふるさと一番』

もう一枚、昨日6月2日の箟峯寺上空の青空です。
(平成21年6月2日午前10時28分撮影)


今夜2度目の更新です。冒頭の画像はやはり昨日6月2日(火)に撮影した宮城県涌谷町(わくやちょう)箟岳山(ののだけさん)にある箟峯寺(こんぽうじ)上空の青空の様子です。吸い込まれそうな綺麗な青空が昨日は広がっていました。
さて、今夜2つ目の話題はテレビ番組についてです。5月31日(日)のこのブログの記事で5月31日に放送されたラジオ番組『NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE〜』の中で宮城県の仙台、塩竈、松島が登場していたと書き込ませていただきましたが、今度はテレビ番組で宮城県が取り上げられていました。タイトルにも書き込ませていただいておりますが、NHK総合テレビで月曜日から木曜日まで午後0時20分から放送されている『生中継ふるさと一番』と言う全国放送の番組で6月1日(月)から宮城県内各所で生中継が展開されていました。私が気付いたのは昨日6月2日(火)だったのですが、1日(月)は石巻市(いしのまきし)のホヤの話題<見ていませんので正確な事は言えませんが旧牡鹿町(おしかちょう)だったのでしょうか?>、昨日2日(火)は石巻市にあるウェットスーツを作っている会社からの中継、そして今日3日(水)は登米市(とめし)登米町(とよまちょう)の伝統的な油麸(あぶらふ)の工場からの中継でした。5月31日の記事でも書き込ませていただきましたが、宮城県人として宮城県の話題が全国に紹介されるというのは何となくうれしいものです。多分、明日6月4日が中継最終日となるのでしょうが、どこから中継されるのか?明日のお昼が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日6月4日は最澄伝教大師の御命日です。

昨日の箟岳山箟峯寺上空は雲一つない青空でした。
(平成21年6月2日午前11時21分撮影)


こんばんは!!(^O^)/今日も一日お疲れ様でした。6月に入って初めての更新です。5月31日(日)の記事にも書き込ませていただきましたが、6月1日(月)は更衣、我々僧侶も夏物の衣となりましたが、例年だと更衣当初は夏物だと肌寒さを感じるところですが、今年はちょうどいいような気候になっています。特に昨日(6月2日)は冒頭にUPした画像のように宮城県北部の涌谷町(わくやちょう)箟岳山(ののだけさん)にある私の勤務先、箟峯寺(こんぽうじ)の上空は雲一つない青空、そして気温も上がり暑い一日となりました。何となく季節が先取りしたような気候になっています。天気が良いのは私にとってはうれしいところですが、農家の方にとっては雨が少なく農作物にも影響が出ているようです。天気予報によるとまだ梅雨に入るような兆候はないそうでカラ梅雨になって水不足にならなければ良いなぁと考えてしまうこの数日の天気です。
さて、去年の6月4日のこのブログの記事にも、書き込ませていただいておりましたが、明日6月4日は日本の天台宗の開祖である最澄(さいちょう)伝教大師(でんぎょうだいし)のご命日です。弘仁13年(822年)の6月4日、最澄伝教大師は57歳の生涯を閉じられました。中国(当時の唐)に渡り中国天台宗の教えを学ばれ、比叡山(ひえいざん)に一乗止観院(いちじょうしかんいん)と言うお寺を開かれ、現在の延暦寺(えんりゃくじ)を築かれました。法華経(ほけきょう)の教えにもとづき、誰でも仏になれると言う一乗仏教(いちじょうぶっきょう)を確立され、日本仏教の基を築かれました。
明日の朝は私の勤務している天台宗箟峯寺でも伝教大師の御遺徳を偲んでお勤めをいたします。最澄伝教大師のご冥福をお祈りするとともに最澄伝教大師の教えを次の世代の方々に引き継ぐべく、より一層精進していかなくてはと改めて思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »