« いまさらですが… | トップページ | 平成22年箟峯寺かたくり日記① »

2010年3月28日 (日)

まだ雪は降っていないようです。

今夜の宮城県涌谷町箟岳山上空のお月様です。
(平成22年3月28日午後10時08分撮影)


こんばんは!!(^O^)/日曜日の夜、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
さて、宮城県地方では夕方頃から雪が降り出す予報が出されていましたが、宮城県の北東部にある涌谷町(わくやちょう)の箟岳山(ののだけさん)上空はまだ雪は降っていません。冒頭の画像は今夜10時過ぎに撮影した箟岳山上空に浮かぶお月様の様子です。画像ではわかりませんが、このお月様は肉眼で見ると薄い雲のフィルターごしに姿を見せています。「本当に雪が降るのか?」と思ってしまう天候ではあります。ただ、箟岳山では昨日の午後、急にどんよりとした雲が広がり突然雪が激しく舞うといったこともあったので油断はできないようです。しっかり注意していかなければならないところです。
さて、真冬のようだった寒さの今日、私石川は午前中はいつものように箟峯寺(こんぽうじ)でお仕事、午後は叡山流詠歌(えいざんりゅうえいか)の練習会に参加しておりました。叡山流詠歌とは天台宗の寺院を中心に御唱えされているいわゆる『御詠歌(ごえいか)』と呼ばれるお経の一種とも呼ばれるものです。
詠歌(えいか)とは『岩波 仏教辞典』によると「漢語の原義は、声を永くひきのばして詩をうたうこと」とされ、「日本では和歌をよむこと、または和歌そのもの」を意味している。しかし仏教が広く日本に広まると「和歌と仏教との習合作用がおこり、仏教の色に染まった詠歌が仏教教団の内外で唱えられるようになった」のが一般的に言われる『御詠歌』となった。ですからわかりやすく言い換えれば「仏教で歌われる和歌」と言うことになります。
私はちょうど1年ほど前から御詠歌の練習を始めたばかり。独特のふしまわしや音階に悪戦苦闘しながら勉強をさせていただいております。まだまだ勉強の日々が続きそうです。

|

« いまさらですが… | トップページ | 平成22年箟峯寺かたくり日記① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/33976428

この記事へのトラックバック一覧です: まだ雪は降っていないようです。:

« いまさらですが… | トップページ | 平成22年箟峯寺かたくり日記① »