« 映画『つるしびな』地元先行上映会 | トップページ | 【お知らせ】twiiter始めました!! »

2010年6月24日 (木)

「忘己利他(もうこりた)」

箟峯寺境内に900年根付いている『夫婦杉(めおとすぎ)』です。
(平成22年6月23日午後6時12分撮影)


おはようございます!!(^O^)/皆さん。いかがお過ごしでしょうか?宮城県は前回記事をUPした6月19日(土)以降、湿気が多く、蒸し暑い日々が続いておりました。皆さんお住まいの地域はいかがでしょうか?何でも九州地方では記録的な大雨が続いているようですね。もしこの『石川の書き物』をご覧で被害にあわれた方がいらっしゃいましたらお見舞い申し上げます。m(__)m
さて、おととい6月22日(火)の朝の事になりますが、皆さんもテレビ・ラジオや新聞の報道でご承知の事と思いますが、広島県のある自動車メーカーの元従業員の男がある自動車メーカーに恨みを持ってその会社の11人もの従業員の方々を車ではねて死傷させた事件が発生しました。男は警察の取り調べに「殺意を持っていた」と供述、動機については「会社をリストラされ、会社に恨みがあり、誰でも良いから会社の人間に危害を与えたかった」と述べているようです。自動車メーカー側はその供述を否定、男が依願退職をしたと記者会見で発表されていました。
動機はわかりませんが、事実として男は何の落ち度もない38歳の社員さんの命を奪い、他の10人の方にも危害を加えた訳です。最近はこのような自分の思い通りにならないことを動機に他人に危害を加えると言った事件が多いような気がして、私はやり切れない思いを感じていました。
そんななか、昨日6月23日(水)の午後1時30分頃、私は遅い昼食をとりながら、テレビのニュースを見ていたら、中学生が川で溺れていた小学生を救助し、消防から感謝状を受け取ったとの話題が放送されました。
タイトルに書きました『忘己利他(もうこりた)』と言う言葉。「己(おのれ=自分)を忘れ他(た=他人)を利する」と言う言葉は天台宗の開祖である最澄伝教大師(さいちょうでんぎょうだいし)が『山家学生式(さんげがくしょうしき)』と言う書物で「悪事(あくじ=悪い事)を己に向え、好事(こうじ=良い事)を他に与え、己を忘れ他を利するは慈悲(じひ)の極みなり」と述べられていらっしゃいました。
つまり仕事に置き換えると「自分にとって都合の悪い仕事を進んで引き受け、自分にとって都合の良い仕事を進んで他の人に譲りなさい。」と言うことになります。そこには他人に対しての思いやりと都合の悪い仕事に立ち向かう勇気のある人間を育て、指導者として人を導き、社会を進化させたいとの最澄伝教大師思いがありました。
今回、先に述べた小学生を助けた3人の中学生の方々はまさに自分達の身に降り懸かる身の危険と言う都合の悪い事に果敢に挑み、小学生を無事に救助する事ができたのです。
今回中学生達がとった行動で、もしかしたら救助はおろか、中学生達も救助を求めなくてはならない状況も考えられたと言うご意見もあろうかと思いますが、中学生達が自分達の身の安全を確保しながら小学生を救助できるとの判断をされたからこそ私は無事に救助が成功したのではないかと思います。他人に好事を与える際には自分へ振り向けられる悪事が解決可能なものかの判断力も要求されます。だからやみくもに悪事に向かえとは言いませんが、今回の中学生達は実に見事に困難に立ち向かい小学生を救われたと言う事実は素直に讃えるべき事実だと思います。
この中学生達は現代で忘れかけらつつある人の痛みをしっかりと感じる事が出来ていたのだと思います。是非社会はこのような心を広められるような環境になってほしいものだと私は強く願うところです。そして冒頭の画像にある夫婦杉のように本来他人同士の集まりである夫婦から強い絆をもった家族が一組でも多く誕生し、他人同士で構成される社会を絆と絆で結べるようなものにしていくべく、我々人間は日々努力を重ねなければならないと思います。

|

« 映画『つるしびな』地元先行上映会 | トップページ | 【お知らせ】twiiter始めました!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/35455937

この記事へのトラックバック一覧です: 「忘己利他(もうこりた)」:

« 映画『つるしびな』地元先行上映会 | トップページ | 【お知らせ】twiiter始めました!! »