« 『2014年度 宮城県宗教法人研修会』に参加しました。 | トップページ | 『第30回 秋の山唄 全国大会 優勝者山唄奉納式』 »

2014年10月17日 (金)

『天台宗陸奥教区仏教青年会』平成26年度研修会に参加してきました。

今日10月17日(金)、私も一員として所属させていただいている『天台宗陸奥教区仏教青年会』で研修会が行われましたので、参加してきました。
初めに少々補足説明を…
私ども天台宗では、北から青森県・岩手県・宮城県の3つの県にある約100のお寺を『陸奥教区』と称して1つの地域として区分けされております。
その陸奥教区に所属する45歳以下の僧侶によって構成されているのが『天台宗陸奥教区仏教青年会』です。現在、約30名ほどの僧侶が会員として活動をしております。
そちらでは1年に1度、研修会を開催し、仏教(天台宗)の法儀(お勤めの儀礼・作法など)のみならず、様々な観点の研修を実施しております。
今回は岩手県平泉町にある毛越寺様を会場に研修会が実施されました。
『天台宗陸奥教区仏教青年会』平成26年度研修会に参加してきました。

今回の研修会では岩手県一関市消防本部平泉分署から講師をお迎えして『普通救命講習1』を行いました。
初めに平泉分署所属の救命救急士である千葉先生に『心肺蘇生法』の主に『胸骨圧迫』と『人工呼吸』『AED使用』の手順について、実技を交えながらおよそ2時間30分に渡ってご教示いただきました。
『天台宗陸奥教区仏教青年会』平成26年度研修会に参加してきました。
私自身は今から18年ほど前に自動車の運転免許証を取得する際に胸骨圧迫と人工呼吸の方法を聞いてはおりましたが、幸いな事に、今まで実際に胸骨圧迫や人工呼吸を行う場面に遭遇したことがなく、はっきり言って忘れている事ばかりでした。
今回、千葉先生が特におっしゃっていたのが、心肺蘇生法の中でも特に大切な事が『胸骨圧迫』であると言うことでした。体内には酸素が呼吸が停止していても停止する前まで取り入れられていた酸素が残っており、胸骨圧迫を行うことで、例え人工呼吸をしなくとも、体内に残った酸素を身体中に回すことができるそうです。
最近は『デング熱』などの感染症などの可能性も否定できず、その際には人工呼吸ができない場合があります。そのような時はまずは胸骨圧迫を行うことが大切との事でした。

『天台宗陸奥教区仏教青年会』平成26年度研修会に参加してきました。
一方、『AED使用』についてですが、呼吸がないことが確認できた際に、使用するものだそうで、人が複数いれば、一人は胸骨圧迫をできるだけ早く開始し、他の人が119番への通報とAEDの使用準備を行うことが理想だそうです。
やむを得ず、現場に『呼吸がない傷病者の方』と『救助者である自分』の2人しかいない場合はまずはおう吐や吐血により軌道が塞がれないように傷病者を横向きに寝かせてから救助者は(1)119番への通報→(2)近くにAEDがある場合はAEDの準備・使用→(3)AEDの音声ガイダンス(どのAEDにも音声ガイダンスはあるそうです。)に従って胸骨圧迫を行うそうです。ただ、AEDは使用する前に濡れていないことを確認(傷病者の感電防止のため)→濡れていれば身体をタオルなどで拭き取り水気をとる→パッドは直接肌につける(服の上からは使えなくさらに金属がついている肌着は取り除かなければならないそうです。…傷病者感電防止のため。)
なお、パッドの貼る位置はパッドに絵でかかれていたり、音声ガイダンスで使い方は初めて機会をさわる方でもわかるように出来ているようですが、訓練とは言え、緊張すると手順を忘れてしまいがちで、機会があれば訓練で実際に体験されることをおすすめいたします。

講習の最後には、一関市消防本部平泉分署の渡辺先生にこれまで発生した災害における、地域社会の『共助』の重要性、傷病者の搬送の手順やコツなどをパワーポイント(スライド)でわかりやすくご説明をいただきました。
『天台宗陸奥教区仏教青年会』平成26年度研修会に参加してきました。
※スライド使用のため、照明を焚くことができず、シルエット画像になりました。ご了承ください。

すべての講習の日程が修了した後、一関消防本部から参加者全員に修了証が手渡され、講習は無事に終了しました。
『天台宗陸奥教区仏教青年会』平成26年度研修会に参加してきました。

実際に急病人などが出ないに越したことはありませんが、今回の研修は、いざ急病人が出た場合、即座に対応できるような心構えを形成する事ができました。
しかし、それと同時に『心肺蘇生法』は定期的に訓練をしていないと手順や方法を忘れてしまうと言うことも実感しました。
機会があるごとに訓練に参加し、手順や方法を練習することが大切なのだと考えさせられる有意義な研修会となりました。
このブログをご覧の皆様も機会があれば、是非訓練にご参加いただきたいと強くおすすめしたいと思います。

|

« 『2014年度 宮城県宗教法人研修会』に参加しました。 | トップページ | 『第30回 秋の山唄 全国大会 優勝者山唄奉納式』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、石川さん。
お久しぶりです。
いろいろな研修を受講されているのですね。
お疲れ様です。
秋も深まって来ましたが、お身体を大事にして下さいね。
今日の雨はかなり冷たいです。

投稿: おみつモン | 2014年11月 1日 (土) 09時25分

>>おみつモンさん…コメントありがとうございます。返信遅くなり失礼いたしましたm(__)m
色々なご縁をいただき、色々な研修を受けさせていただいておりますが、普段自分が接することのないような研修は本当に勉強になります。これからも機会があるごとに色々な研修会に参加できれば…と思っています。
気候が安定しない今日このごろ…おみつモンさんもご自愛くださいませ。

投稿: 石川幸秀 | 2014年11月 8日 (土) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/57707805

この記事へのトラックバック一覧です: 『天台宗陸奥教区仏教青年会』平成26年度研修会に参加してきました。:

« 『2014年度 宮城県宗教法人研修会』に参加しました。 | トップページ | 『第30回 秋の山唄 全国大会 優勝者山唄奉納式』 »