« 『みやぎ鎮魂の日 涌谷町防災講演会』 | トップページ | 平成27年3月11日に思う…。 »

2015年3月11日 (水)

『天台宗陸奥教区 東日本大震災物故者追善供養』

私が属する天台宗陸奥教区(青森、岩手、宮城の3県の天台宗寺院により構成)では、今日3月11日午後1時より宮城県東松島市大曲浜にある萬寳院(まんぼういん)様の仮本堂において、東日本大震災で犠牲になられた方々を悼む『東日本大震災物故者追善供養』が執り行われました。


(会場となった萬寳院様仮本堂の内部の様子)

こちらの萬寳院様は震災による大津波が境内を直撃…本堂をはじめ、多くの仏像や板碑などの宝物が流され、さらにはご住職のお母さまと妹さまが津波によって犠牲になられました。妹さまのご遺体は発見されましたが、お母さまに関しては震災から丸4年が経過した今日現在も行方不明のままです。

そのような局面にも関わらず、ご住職や副住職の『お寺をお守りする』決意は固く、震災から1年も経たないうちに、被災した元の境内地から運河を挟んだ内陸側にある墓地にプレハブの仮本堂を建てられ、被災された方々の拠り所としてお寺をお守りになっております。

今日の追善供養には天台宗陸奥教区の僧侶25名に加え、天台宗茨城教区、北総教区(千葉県)から『天台宗東日本大震災復興支援ボランティアバスツアー』に参加された僧侶6名とご信徒様11名など総勢約50名が集まり、ご供養させていただきました。
この『天台宗東日本大震災復興支援ボランティアバスツアー』の皆様は昨日は宮城県女川町にある離島の出島(いずしま)に一泊され、地元の方々とともにご供養をされた後、石巻市の大川小学校、日和山公園にてご供養のお勤めをされた後に陸奥教区の供養に合流され、その後は宮城県東松島市にある被災した野蒜小学校旧校舎、宮戸島、名取市閖上地区を廻られご供養されるとのお話しでした。遠くからお参りいただいた事、非常に有り難い事と思います。

東日本大震災発生から丸4年…長かったか、短かったか…人それぞれ感じかたは様々かと思います。
大切なのはあの大災害が現実に発生したことをしっかり認識し、同じ被害を出さないように行動をとること、その事実を後世に伝えること、さらには今なお、仮設住宅をはじめ、避難生活を余儀なくされている方がいらっしゃると言う事実があることを認識し、できるかぎり、それぞれの立場で出来る協力を惜しみなくする事ではないかと思います。

私自身も微力ではありますが、何をすべきか?考え行動したいと思います。

|

« 『みやぎ鎮魂の日 涌谷町防災講演会』 | トップページ | 平成27年3月11日に思う…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/59232109

この記事へのトラックバック一覧です: 『天台宗陸奥教区 東日本大震災物故者追善供養』:

« 『みやぎ鎮魂の日 涌谷町防災講演会』 | トップページ | 平成27年3月11日に思う…。 »