« 『天台宗陸奥教区 東日本大震災物故者追善供養』 | トップページ | 東日本大震災千巻心経供養会 »

2015年3月11日 (水)

平成27年3月11日に思う…。

平成24年3月11日…東日本大震災が発生してから今日で丸4年が経ちました。

私は4年前の3月11日巨大地震が発生した14時46分は2階にある自分の部屋で、事務仕事をしながら、テレビワイドショーの『ミヤネ屋』を見ていました。

何の前触れもなく、部屋が揺れはじめ、その直後にテレビから『緊急地震速報』のチャイムが聞こえると同時に激しい揺れが部屋を襲い、その直後に停電が発生し、テレビは消えてしまいました。揺れはその後も続き、台から落ちそうなテレビを押さえながら、トランジスタラジオをつけてみると、ラジオからもガラスが割れるような音しか聞こえてこなかった事は今でも覚えています。
私の感覚では揺れは約3分は続いたような気がしますが、その揺れがようやくおさまってきた頃に階段を下り、ラジオで情報収集をしながら自坊各所の点検を始めました。
ラジオからは「10メートルの津波が予想されるので、すぐに避難をするように…」と呼びかけるTBC東北放送の鈴木俊光アナウンサーの声が流れていたのを今でも記憶しています。

私は当時、間もなく満93歳を迎えようとしていた祖父と2人暮らしで度重なる余震から祖父を守るため、車を安全な所に移し、祖父だけを車に残し、私は引き続き自坊各所の確認、本坊の境内の巡回をしました。

夜になっても余震が収まらなかったので、祖父だけを避難所になっていた地元公民館に残し、私は自坊敷地内に車をとめ、車のカーナビのテレビで信じられない光景を目の当たりにして一夜を過ごしました。

あれから4年…その時同居していた祖父は一昨年5月に入院し、約半年後の12月に亡くなり環境が変わった私にとっては『あっという間の4年』でした。
幸い、私の祖父は亡くなるまで半年間、覚悟を決める猶予期間が与えられましたが、大津波で犠牲になられた方々や遺されたそのご家族は覚悟を決める時間もなく、お別れの瞬間を迎えた…私には想像できないほどの衝撃だったと思います。

『生かされていることに感謝し、精一杯生き抜く…』
これが今、私に課せられた命題だと感じて明日からも生活していきたいと思います。

|

« 『天台宗陸奥教区 東日本大震災物故者追善供養』 | トップページ | 東日本大震災千巻心経供養会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、石川さん。
お久しぶりです。
大型連休中ですが、石川さんはお忙しいのでしょうね。
お身体を大事にして下さい。
震災から4年経過しましたが、ブログを拝見していると何とも言えない気持ちになります。
でも立ち止まったままでは何も変わらないですもんね。

投稿: おみつモン | 2015年5月 3日 (日) 11時25分

>>おみつモンさん…ブログを放置しておりましたので、今、おみつモンさんのコメント拝見しました。返信遅くなり、失礼いたしましたm(__)m 6月27日(土)に岩手県宮古市に出かけるようがあったので、出かけましたが、ようやく防潮堤の復旧作業が始まった感じでした。災害公営住宅も震災から4年経ち、少し動きが出たような気がします。現場の方々は頑張っていらっしゃるのでしょうが…もう少し被災されたかたにも寄り添ってほしいと思う次第です。

投稿: 石川 幸秀 | 2015年7月 1日 (水) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/59232981

この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年3月11日に思う…。:

« 『天台宗陸奥教区 東日本大震災物故者追善供養』 | トップページ | 東日本大震災千巻心経供養会 »