« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月19日 (火)

今シーズン初めてのどか雪の箟岳山

関東地方から北海道にかけての広い範囲で『冬の嵐』になってしまった平成28年1月19日の箟岳山の風景です。


↑こちらは我が家の庭の様子です。
植木と植木の間、実は公道につながる路地になっています。車はここを通って出入りするのですが、昨日1月18日の午後、約3時間30分かけて除雪したものの、ふたたび20cmぐらいの積雪です。


今回の雪の特徴は、『水分の多い重い雪』なのですが、そのためか、↓のような光景も…。

↑は我が家の庭にある木蓮の木の様子ですが、実はこの幹の他にもう1本あった幹が、ついさきほど折れてしまいました。
我が家では門の入り口にある桜の木の枝も折れてしまいましたので、その片付け作業と除雪作業をこれからひとり気長にやって行きたいと思います。

今日は道路状況も悪いかと思います。歩行やお車の運転には充分にお気をつけてお過ごしください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

奥福寺例大祭

今日、1月13日は宮城県の北部、栗原市築館にある天台宗奥福寺様の例大祭が執行されました。


(いずれの写真も平成28年1月13日に撮影した宮城県栗原市築館宮野地区にある奥福寺境内の様子)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年最初の東日本大震災月命日

更新する時間がとれず、2日ほど経ってしまいましたが、おととい1月11日で東日本大震災が発生してから4年10ヶ月となりました。
平成28年初めての東日本大震災月命日であったおとといの午前中、私は宮城県東松島市や石巻市の沿岸部を廻って来ました。


(石巻市日和山から見た南の様子 平成28年1月11日撮影)
こちらの画像の石巻市日和山の南側には住宅が密集していましたが、現在は建物はあまりなく、かさ上げされた空き地が目立つ地域となっております。
昨日の天候は青空が広がり、海もさほど荒れた様子もなく、4年10ヶ月前の津波があったのが想像できないような光景でした。
しかし、街並みは4年10ヶ月前のあの日から一変し、津波の傷跡が色濃く残っています。
石巻市内でも、まだまだ仮設住宅にお住まいの避難住民の方々がたくさんいらっしゃる現実もあります。
私自身は最近、被災された方々に何もご協力できていないような現状で、せめてご供養だけはと、手を合わせて参りました。
引き続き、私に出来る事を模索しながら、震災を忘れることなく、機会をみて活動できるように努めたいと思いました。

なお、一部の方々からご指摘いただきましたが、ちょうど日和山に出かけた時、宮城県にあるテレビ朝日系列局の東日本放送のカメラマンの方がこちらにいらっしゃり、私のお勤めの様子を撮影されていました。
その様子がチラッと1月11日放送の『報道ステーション』で映し出されていたようです。
テレビ局関係者の皆様、放映していただき、ありがとうございました。
そして、ご覧いただいた皆様、お騒がせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年初めの更新です。

昨年、父親が他界し、喪中だったため、松ノ内期間中のブログ更新を差し控えさせていただいておりました。
まぁその松ノ内期間が過ぎて更に5日ほど経ってしまいましたが…A^_^;
本年もマイペースな更新になりそうですが、引き続き『石川の書き物』にお付き合いいただきますよう宜しくお願いいたしますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »