« 東日本大震災発生から5年3ヶ月…宮城県沿岸部の様子 | トップページ | 東日本大震災発生から5年3ヶ月と4日…岩手県宮古市の様子 »

2016年6月18日 (土)

東日本大震災発生から5年3ヶ月と1日…宮城県南三陸町志津川の様子

前の記事の翌日、6月12日(日)の午後、仕事で宮城県南三陸町に出かけてきました。
こちらはテレビや新聞で震災発生当初から様子が伝えられていた南三陸町防災対策庁舎の被災建物です。

(平成28年6月12日(日)午後6時32分撮影)
南三陸町の中心市街地にあった防災対策庁舎ですが、現在は国道45号線を間にはさんで、西側の南三陸町有地に献花台が設置されています。
東日本大震災が発生してから5年3ヶ月がたった今でも多くの方々がお参りされている様子で、私がお参りさせていただいた時も、新しい生花が献花されていました。
防災対策庁舎は今のところ、30年間、宮城県が管理をする形で、今後この建物跡を『震災遺構』として保存するか否かを慎重に検討している段階です。
防災対策庁舎跡その物は変わりはなかったのですが…


(いずれも平成28年6月12日(日)午後6時32分撮影)
防災対策庁舎跡の周りは右を向いても左を向いてもかさ上げした土の山が、防災対策庁舎3階部分より高く、そびえ立っておりました。
遠くからはこの土の山の陰になってしまい、防災対策庁舎跡がどこにあるのか?わからない状況になり、大分様子が変わってしまいました。


引き続き、南三陸町志津川地区がどのように変わっていくのか?できる範囲で注目したいと思います。

|

« 東日本大震災発生から5年3ヶ月…宮城県沿岸部の様子 | トップページ | 東日本大震災発生から5年3ヶ月と4日…岩手県宮古市の様子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/66090230

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災発生から5年3ヶ月と1日…宮城県南三陸町志津川の様子:

« 東日本大震災発生から5年3ヶ月…宮城県沿岸部の様子 | トップページ | 東日本大震災発生から5年3ヶ月と4日…岩手県宮古市の様子 »