« 東日本大震災発生から5年3ヶ月と4日…岩手県宮古市の様子 | トップページ | 『箟岳山採燈大護摩供』まで、あと1週間です。 »

2016年6月19日 (日)

天台宗陸奥仏青東日本大震災被災者交流『坐禅止観体験&茶話会』

6月15日(水)、私がなぜ岩手県宮古市まで出かけたのか?
理由はこちらでした。
私が所属し、青森、岩手、宮城の3県の天台宗寺院の45歳以下の僧侶で構成される『天台宗陸奥教区仏教青年会』で開催する東日本大震災被災者交流事業に参加するために出かけてきました。
今回伺った宮古市内の仮設住宅、実は一昨年の秋にもお伺いした仮設住宅でした。
一昨年の秋にはおよそ90人の方々が入居されていた仮設住宅も2年が経ち、現在はおよそ20人の方々がお住まいとの事でした。その20人のほとんどの方々が一人暮らしの高齢者のようで、今年の9月までに仮設住宅を退去するように迫られているそうです。
それぞれに災害公営住宅や被災した元の土地に自宅を再建するなど先の計画はあるそうですが、建設が遅れていることに加え、一人暮らしと言う不安で仮設住宅のコミュニティを壊したくないと言う方々も多いようでした。
実際、災害公営住宅や住宅再建をされた方々のなかにも、親しい友人がいらっしゃる仮設住宅集会所に出入りしているケースがあるらしく、さらなる新しいコミュニティ形成に難航している様子も垣間見ることができました。

交流事業の始めに、坐禅止観を体験していただきました。
参加していただいた方の全員が65歳以上の高齢者だったそうで、どうしても坐禅の姿勢がとれない方々が多かったので、座っていただく格好は様々な形になりましたが、息を数えることに集中していただく『数息観』を体験していただきました。

体験と言うことで、参加されたかた全員に禅杖をお授けさせていただきました。
参加された皆様からは「禅杖でたたかれた際、思ったより痛くなく心地よく感じた」と言ったお声もいただきました。


坐禅止観の後には、我々が用意させていただいたお抹茶とお団子を振る舞わせていただき、茶話会を開催しました。
住民の方からは先の生活の不安と、普段お一人で生活しているため、話を聞いてもらえないことへのストレスがあることを伺い、今回我々とお話ししていただいた事を大変喜んでいただき、我々の方が恐縮しました。


天台宗陸奥教区仏教青年会の執行部では今後も引き続き、東日本大震災で被災された方々との交流活動を続けたいとの意向を伺いました。
私も引き続き、できる限りこのような素晴らしい活動に参加したいと思います。

|

« 東日本大震災発生から5年3ヶ月と4日…岩手県宮古市の様子 | トップページ | 『箟岳山採燈大護摩供』まで、あと1週間です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/66090833

この記事へのトラックバック一覧です: 天台宗陸奥仏青東日本大震災被災者交流『坐禅止観体験&茶話会』:

« 東日本大震災発生から5年3ヶ月と4日…岩手県宮古市の様子 | トップページ | 『箟岳山採燈大護摩供』まで、あと1週間です。 »