« いよいよ『箟岳山採燈大護摩供』スタートです。 | トップページ | 東日本大震災発生から5年5ヶ月の宮城県石巻市と東松島市 »

2016年7月11日 (月)

東日本大震災発生から5年4ヶ月の宮城県石巻市と東松島市

今日7月11日で東日本大震災発生から5年4ヶ月が経過しました。
犠牲になられた方々の月命日と言うことで、今朝もちょっと早起きをして出かけてきました。


(宮城県石巻市日和山から見た海の様子…平成28年7月11日午前6時01分撮影)
こちらは宮城県石巻市日和山の様子です。
今朝は早朝から晴天が広がり、箟岳山を出発した午前5時過ぎには油蝉の鳴き声を聞くことができました。
こちら、石巻市日和山上空もきれいな青空が広がり、穏やかな海の様子を見ることができました。
日和山のふもと、石巻市門脇町では画像中央に写っているように、災害公営住宅の建設現場が見えました。
今日で東日本大震災発生から5年4ヶ月が経ちますが、災害公営住宅が建設されていると言うことは、入居されるかたは、まだ『終の住みか』を得ていないと言うことでもあります。
石巻市でも、内陸部ではまだまだ応急仮設住宅が存在し、震災発生直後からは、だいぶ少なくはなったものの、まだまだ多くの方々が避難生活を余儀なくされています。
昨日7月10日、『第24回参議院議員通常選挙』の投開票が行われ、新たに国民の代表が誕生しましたが、昨日当選された議員のみならず、衆参問わず、政党問わず、すべての国会議員の皆さま方には、このような現実が残っていることを認識していただき、一刻も早く、『終の住みか』に入居することができるようにご尽力いただきたいと思います。
また、九州の『平成28年熊本地震』や大雨災害では多くの方々が体育館やテント、さらには自動車のなかで不自由な避難生活を強いられている方々もたくさんいらっしゃいます。是非、こちらの現状も一刻でも早く改善されるよう、国会議員の皆さま方にはしっかりとした対応をお願い申し上げます。


(宮城県東松島市大曲浜の上台墓地の様子…平成28年7月11日午前6時24分撮影)
こちらは石巻市日和山から車を走らせること10分ほど、東松島市大曲浜の墓地の様子です。
今朝の青空は本当に気持ちの良くなる青空で、夏を思わせる気候となりました。
この墓地を大津波が襲い、自動車が墓石の上に乗りかかっていた光景が嘘のような光景でした。このような平和な光景が続くように…祈りを込めながらお勤めさせていただきました。

引き続き、私ができる事を続けていきたいと思います…合掌。

|

« いよいよ『箟岳山採燈大護摩供』スタートです。 | トップページ | 東日本大震災発生から5年5ヶ月の宮城県石巻市と東松島市 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/66459945

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災発生から5年4ヶ月の宮城県石巻市と東松島市:

« いよいよ『箟岳山採燈大護摩供』スタートです。 | トップページ | 東日本大震災発生から5年5ヶ月の宮城県石巻市と東松島市 »