« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月19日 (水)

岩手県釜石市応急仮設住宅での座禅止観体験を実施しました。

昨日10月18日(火)、私が所属する天台宗陸奥教区仏教青年会の活動として、岩手県釜石市内にある応急仮設住宅で、東日本大震災の大津波で被害に遭われた住民の方々に坐禅止観行の体験と茶話会を実施いたしました。

(釜石港から見た釜石市内の様子…10月18日午前10時34分撮影)

昨日の釜石は青空が広がり、秋晴れの気持ちの良い空模様、気温も上がり、冬物の服装では汗ばむほどの陽気でした。


そのようななか、会場の応急仮設住宅談話室には…

住民の方々14名と社会福祉協議会の支援員さん1名の合わせて15名の方々にお集まりいただき、坐禅止観の体験をしていただきました。

皆さん、坐禅の体験は初めてだったそうですが、およそ30分、集中して止観行に取り組んでいただきました。

止観行終了後、茶話会で仮設住宅の様子をお伺いしました。
震災発生から5年7ヶ月が過ぎましたが、こちらの地域の仮設住宅は18世帯の仮設団地が9ヶ所ほどに分散し、点在しているそうです。
1箇所にはだいたい10世帯ぐらいが現在もお住まいで、お歳を召した方々が多くいらっしゃるようでした。
災害公営住宅は出来たものの、経済的な問題でなかなか入居ができないようで、自治体としても丁寧に対応をしている様子でした。

社会福祉協議会の支援員さんのお話しによると、釜石市内では当初65ヶ所の仮設団地が設置されたそうで、現在のところ、集約化されて5ヶ所が閉鎖されたものの、現在も60ヶ所の応急仮設住宅が残っているそうです。

仮設住宅の住民の方々に対しての対応には賛否さまざまなご意見があろうかと思いますが、陸奥仏青の北峯会長の考えは「要望が有る限り活動をしていく」との事。私も同じ意見で、我々ができる限りの活動をしていく必要性を感じました。
有り難いことに、昨日活動させていただいた仮設住宅の住民の方々からは、「また来てほしい」とのご要望をいただきました。

引き続き、「我々が出来ることをしっかりと対応できれば…」と感じながら仮設住宅を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

箟峯寺に大地環境企画 安倍彰浩様より『ひとめぼれ』の新米を御奉納いただきました。

今日、朝、本堂で仕事をしていると、箟岳山(ののだけさん)のふもと、宮城県涌谷町(わくやちょう)大谷地(おおやち)地区で造園のお仕事をされている大地環境企画の安倍彰浩社長がいらっしゃり、箟峯寺(こんぽうじ)本尊にこちらを御奉納されました。↓

今年、安倍さんの田んぼで収穫された『ひとめぼれ』の新米です。
安倍さんは箟岳山のふもとで約4町歩(約4ヘクタール)の水田を使い、稲作をされ、全国に独自の販路を使って、『こがねいろ』と名付けた宮城県涌谷町産の『ひとめぼれ』を出荷されています。
今年も日本全国から注文があったそうですが、昔から地元涌谷町の方々から『農耕祈願の守り本尊』とご信仰をいただいている箟峯寺本尊『十一面観世音菩薩』に感謝を込めて、新米を御奉納されました。
今年も自然の恵みに感謝をしたいと思います。
そして、安倍さん、1年間お疲れ様でした。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

本日より『天台宗教師研修会』を受講中です。

今日から3日間に渡り、『天台宗教師研修会』B群の講義が行われております。

今回の会場は仙台市と近いこともあり、遅ればせながら初めて受講させていただいています。

大学生卒業から20年以上が経ちますが、久しぶりに約80分の講義を受講しています。
今日はとりあえず3講義を受講、残り7講義を明日と明後日に渡って受講します。
今回のB群の講義内容は天台宗の日常的に行う『お勤めの意義』…普段はなかなかじっくり考える余裕なくお勤めさせていただいておりますが、改めてじっくり考える時間をいただけるのはありがたいことです。


とりあえず残り2日間、往復3時間車を運転して講義を受講したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく『我が家の秋の味覚』を堪能

久しぶりのブログ更新、ご無沙汰していました。

今朝、ちょっと時間ができたので、我が家の庭の栗を収穫しました。

実はお彼岸辺りから栗は落ちていたのですが…なかなか時間がとれなかったので、まとめて収穫しました。
こちらが我が家の栗です。↓

今年は近所にある栗園であまり芳しくない出来だった栗ですが、我が家の栗も味は例年に比べると薄く感じます。

収量も少なく感じます。
今日収穫した栗は全部でこれくらい…↓

何となく今年の気候の影響を感じてしまう結果でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »