« 東日本大震災発生から5年11ヶ月経った宮城県石巻市日和山と宮城県東松島市大曲浜の様子 | トップページ

2017年3月10日 (金)

東日本大震災から丸6年が経とうとしている宮城県石巻市の現在の様子

明日3月11日(土)で東日本大震災が発生してから丸6年を迎えます。
明日、私のスケジュールの都合がつかなかったため、1日早く、今朝、午前3時30分前に自坊を出発し、石巻市日和山まで出かけ、震災で犠牲になられた方々のご供養のお勤めをさせていただきました。


(平成29年3月10日午前4時16分の宮城県石巻市日和山から見た門脇町や海の様子)

私が日和山に到着したのが、午前4時過ぎと夜明け前だったため、辺りはまだまだ暗闇に包まれていました。
日和山のふもとにある門脇町(かどのわきちょう)の災害公営住宅の外灯が煌々と光っていたのが印象的でした。
画像ではわかりづらいと思いますが、奥の海には漁船の漁火(いされび)が光り、夜明け前から漁師さんたちが仕事をされている様子が伺えました。

私が日和山にいた時間、まだ人の姿は見ることができませんでしたが、日和山山頂にある鹿島御児神社の境内にはこのような2台の車の姿がありました。↓

近づいて見てみると…↓

地元仙台の放送局ではなく、東京のキー局『テレビ朝日』のテレビ中継車とその中継車を警護している車両でした。

東日本大震災が発生して、まもなく丸6年…人々の記憶からも風化されつつある震災ですが、東京のテレビ局が直接中継車を出して、取材をされているようで、恐らく、明日、全国放送で中継されるための車両なのでしょう。

東日本大震災ばかりが災害ではなく、去年だけでも熊本を中心とした九州地方、さらに鳥取を中心とした中国地方で大きな地震がありました。
そのようななかで、東日本大震災ばかりを取り上げよとは申しませんが、未だ1000人以上の方々が行方不明で、3万世帯以上が仮設住宅で避難生活を強いられている現状…せめて震災命日くらいは震災の事を取り上げ続けていただきたいと思いました。

私も、震災を忘れることなく自分でできる活動を引き続き続けていただきたいと思います。

|

« 東日本大震災発生から5年11ヶ月経った宮城県石巻市日和山と宮城県東松島市大曲浜の様子 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/69869445

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から丸6年が経とうとしている宮城県石巻市の現在の様子:

« 東日本大震災発生から5年11ヶ月経った宮城県石巻市日和山と宮城県東松島市大曲浜の様子 | トップページ