« 東日本大震災発生から6年6ヶ月後の岩手県宮古市の仮設住宅の様子 | トップページ

2017年11月11日 (土)

東日本大震災から6年8ヶ月を迎えた宮城県石巻市日和山の様子です。

久しぶりの投稿となりました。
東日本大震災が発生して、今日で6年8ヶ月が経過しました。
今朝、宮城県石巻市の中心部にある日和山まで出かけてきました。


(平成29年11月11日午前5時48分の日和山から見た門脇町と南浜町、そして海の様子です)

私が日和山に到着したのは午前5時45分頃…自坊を出発する頃は雨がぱらついていましたが、天が味方をしてくれたようで、日和山は曇り空ながら雨は降っていませんでした。
曇り空のため、まだ薄暗い時間ではありましたが、私の他に2人の方々が海に向かって手を合わせられている姿を目にしました。

実は昨日、突然、私の所に宮城県のあるテレビ局のカメラマンさんから連絡があり、「日和山でのご供養の様子を取材したい」とのご依頼をいただき、今朝、その様子を撮影していただきました。
まだ放送がいつになるのか?不明なので、本決まりになってから改めてお伝えしたいとは思います。
今朝の石巻市は曇り空ではありましたが、比較的穏やかな天候でした。
しかし、日の出の時間がだいぶ遅くなり、寒さを感じる気候から季節が進んでいることを実感できる今朝のお参りとなりました。
今日未明にも宮城県では地震がありましたが、昨今は地震や台風のみならず、ミサイルの脅威を感じる世の中になっています。
震災で犠牲になられた方々のご供養とともに、平穏に1ヶ月を過ごすことができるように、想いを込めてお勤めをさせていただきました。

|

« 東日本大震災発生から6年6ヶ月後の岩手県宮古市の仮設住宅の様子 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1025260/72194159

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災から6年8ヶ月を迎えた宮城県石巻市日和山の様子です。:

« 東日本大震災発生から6年6ヶ月後の岩手県宮古市の仮設住宅の様子 | トップページ