日記・コラム・つぶやき

2018年4月 5日 (木)

今年も『かたくりまつり』が始まります。

すっかり更新がご無沙汰となっていたブログを久しぶりに更新させていただきます。

タイトルにあるとおり、今年も宮城県涌谷町(わくやちょう)箟岳山(ののだけさん)山頂にある箟峯寺(こんぽうじ)境内にある草原に『かたくり』が、記録的な暖かさのためか、例年より早く花を咲かせ始めました。

【平成30年4月1日(日)午後3時55分撮影】

今年は仙台でも観測史上2番目に早く、明けて昨日4月4日(水)に桜の花が満開になり、涌谷町内でもちらほらと桜の花が咲き出しましが、箟峯寺境内のかたくりの花も例年より1週間ほど早く花を咲かせました。
4月4日現在、全体の4割ほどのかたくりが花を咲かせておりますが、日当たりの良い場所では画像のように、群生して花を咲かせ、見頃を迎えております。


箟峯寺では昨日4月4日に『かたくりまつり』ののぼり旗を境内や周辺の道路に設置しました。

毎日、午前9時から午後4時まで境内を無料開放いたしますので、是非、皆様にもかたくりの花の可憐な姿をご覧いただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

東日本大震災から6年8ヶ月を迎えた宮城県石巻市日和山の様子です。

久しぶりの投稿となりました。
東日本大震災が発生して、今日で6年8ヶ月が経過しました。
今朝、宮城県石巻市の中心部にある日和山まで出かけてきました。


(平成29年11月11日午前5時48分の日和山から見た門脇町と南浜町、そして海の様子です)

私が日和山に到着したのは午前5時45分頃…自坊を出発する頃は雨がぱらついていましたが、天が味方をしてくれたようで、日和山は曇り空ながら雨は降っていませんでした。
曇り空のため、まだ薄暗い時間ではありましたが、私の他に2人の方々が海に向かって手を合わせられている姿を目にしました。

実は昨日、突然、私の所に宮城県のあるテレビ局のカメラマンさんから連絡があり、「日和山でのご供養の様子を取材したい」とのご依頼をいただき、今朝、その様子を撮影していただきました。
まだ放送がいつになるのか?不明なので、本決まりになってから改めてお伝えしたいとは思います。
今朝の石巻市は曇り空ではありましたが、比較的穏やかな天候でした。
しかし、日の出の時間がだいぶ遅くなり、寒さを感じる気候から季節が進んでいることを実感できる今朝のお参りとなりました。
今日未明にも宮城県では地震がありましたが、昨今は地震や台風のみならず、ミサイルの脅威を感じる世の中になっています。
震災で犠牲になられた方々のご供養とともに、平穏に1ヶ月を過ごすことができるように、想いを込めてお勤めをさせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

東日本大震災発生から6年6ヶ月後の岩手県宮古市の仮設住宅の様子

平成29年9月14日(木)に天台宗陸奥教区仏教青年会の活動で岩手県宮古市まで出かけてきました。

(宮古市の三陸鉄道宮古駅前の様子)

三陸鉄道宮古駅から車で5分ほどの場所にある仮設住宅にお伺いしました。
仮設住宅では、まず、坐禅止観(ざぜんしかん)の作法である『数息観(すそくかん)』に乗っ取った精神統一を体験いただきました。
『数息観』とは息を数えることに集中いただき、精神を落ち着かせる坐禅で使われる方法の1つです。

(『数息観』を行っていただいている様子)

今回の『数息観』は我が陸奥仏教青年会会長の小林伯裕師が前に座りながら説明をさせていただきましたが、それぞれの住民の方々は一所懸命『数息観』に取り組まれていました。
体験と言うことで、ご参加いただいた皆様には禅杖もお授けいたしました。

今回、こちらの仮設住宅では住民の方々のほか、現在は自宅を再建されたものの、ご近所にお友だちがいらっしゃらず、普段から仮設住宅談話室をご利用なさっている方々も含め、6名の方々と宮古市社会福祉協議会から派遣されている相談員の方1名の計7名の方々にご参加いただき、約30分の作法体験に取り組んでいただきました。

作法体験後は、お茶を飲みながら、日常生活について、皆さんから色々なお話しを伺いました。
こちらの仮設住宅、実は私は3年ほど前にお伺いしていたのですが、最大時、80世帯の方々が入居されていた仮設住宅は、現在は16世帯までに減少していました。ただ、そのためか、仮設住宅の周辺は雑草が勢いよく生い茂り、残された住民の有志の方が黙々と草取りをされている様子を目にしました。
住民の方によると、小中学生がいらっしゃる世帯はなくなったそうで、日中はそれぞれ職場や学校に出かける人も多く、60歳以上の高齢者の方々の姿しか見えないようです。
その一方で、新しく自宅を再建されたものの、ご近所にお話ししてくれるお友だちがいらっしゃらないと言うことで、仮設住宅の談話室に通っていらっしゃる方々も何人かいらっしゃいました。

仮設住宅にとどまっている人、仮設住宅から退去したものの仮設住宅談話室に通われる人といった感じで色々な立場の方々にそれぞれの問題があるなぁと感じた今回の訪問でした。
我々陸奥教区仏教青年会でも、今後どのような活動をするか?今回の訪問で伺ったご意見も参考に活動を続けていく方針です。
今日、9月15日(金)も岩手県内の仮設住宅にお伺いする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

東日本大震災から6年5ヶ月が経過した宮城県石巻市日和山の様子

なかなか更新できずに失礼いたしました。
ご無沙汰しておりました。


さて、久しぶりの記事は東日本大震災についての話題です。
今日、平成29年8月11日(金)は東日本大震災発生から6年5ヶ月の月命日となりました。
午前5時に震災による大津波に襲われ、甚大な被害が発生した宮城県石巻市の日和山まで出かけてきました。
その時にこのような光景を見ることができました。↓

日和山の頂上にある鹿島御児神社に続く石段の脇にひまわりが綺麗な花を咲かせておりました。
今年は梅雨明けが発表されても、何となく梅雨らしい天候が続いている宮城県石巻市…まだ、全部のひまわりが花を咲かせているわけではありませんが、日当たりの良い頂上近くのひまわりは、ほぼ花を咲かせておりました。

このひまわりですが、近くにこのような看板がありました。↓

歌手の長渕 剛さんの奥さまで、フラワーアクティビストとしてご活躍されている志穂美 悦子さんが中心となって活動されている『ひまわり10,000本プロジェクト』の一環で、今年の6月に日和山に種が蒔かれたひまわりだったようです。



まるで、ひまわりの花が大津波に襲われた石巻市の門脇町や南浜町で犠牲になられた方々を見守るかのような様子に見えました。
このひまわりの花が被災された方々の心の支えとなり復興への一助となれば良いなぁと思いながら日和山を後にしました。


引き続き、今後も私ができる範囲で東日本大震災後の石巻市の様子を見守りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

東日本大震災から丸6年が経とうとしている宮城県石巻市の現在の様子

明日3月11日(土)で東日本大震災が発生してから丸6年を迎えます。
明日、私のスケジュールの都合がつかなかったため、1日早く、今朝、午前3時30分前に自坊を出発し、石巻市日和山まで出かけ、震災で犠牲になられた方々のご供養のお勤めをさせていただきました。


(平成29年3月10日午前4時16分の宮城県石巻市日和山から見た門脇町や海の様子)

私が日和山に到着したのが、午前4時過ぎと夜明け前だったため、辺りはまだまだ暗闇に包まれていました。
日和山のふもとにある門脇町(かどのわきちょう)の災害公営住宅の外灯が煌々と光っていたのが印象的でした。
画像ではわかりづらいと思いますが、奥の海には漁船の漁火(いされび)が光り、夜明け前から漁師さんたちが仕事をされている様子が伺えました。

私が日和山にいた時間、まだ人の姿は見ることができませんでしたが、日和山山頂にある鹿島御児神社の境内にはこのような2台の車の姿がありました。↓

近づいて見てみると…↓

地元仙台の放送局ではなく、東京のキー局『テレビ朝日』のテレビ中継車とその中継車を警護している車両でした。

東日本大震災が発生して、まもなく丸6年…人々の記憶からも風化されつつある震災ですが、東京のテレビ局が直接中継車を出して、取材をされているようで、恐らく、明日、全国放送で中継されるための車両なのでしょう。

東日本大震災ばかりが災害ではなく、去年だけでも熊本を中心とした九州地方、さらに鳥取を中心とした中国地方で大きな地震がありました。
そのようななかで、東日本大震災ばかりを取り上げよとは申しませんが、未だ1000人以上の方々が行方不明で、3万世帯以上が仮設住宅で避難生活を強いられている現状…せめて震災命日くらいは震災の事を取り上げ続けていただきたいと思いました。

私も、震災を忘れることなく自分でできる活動を引き続き続けていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

東日本大震災発生から5年11ヶ月経った宮城県石巻市日和山と宮城県東松島市大曲浜の様子

気がついたら今年初めての記事になります。
すでに今年も2月半ばになり、『今さら感』がありますが、今年も宜しくお願い申し上げます。


さて、今年も1ヶ月に1度、月命日に東日本大震災の被害地域に出向き、自分なりにお勤めをしながら変化を感じ取りたいと考えております。

2月11日(祝・土)で東日本大震災発生から5年11ヶ月が経過しました。
今回はスケジュールの都合で、自坊を午前3時30分に出発し、石巻市日和山に伺いました。
日和山山頂にある鹿島御児神社にお詣りをさせていただき、海の方向を見て震災で犠牲になられた方々のご供養をさせていただいた後、午前4時27分に撮影した画像です。↓

この画像の下の方に見える建物は門脇町にある災害公営住宅です。夜明け前のためか、人かげは全くありませんでしたが、ちょうど画像側が北側になるため、廊下が見えていますが、廊下や階段の灯りが周りの暗さのなかで一際目立って煌々と光って見えました。
暗くて駐車場に車が停まっていたかどうかを確認することはできませんでしたが、お勤めをしている最中、2台の新聞配達の方のバイクと思われるライトの光が建物の前に乗り入れている様子を見ることができたので、こちらの公営住宅には住民のかたが入居され始まったようです。


一方、こちらは2月11日午前4時50分の東松島市大曲浜上台にある『東日本大震災大津波犠牲者慰霊塔』の様子です。
日和山から大曲浜までは車で10分ほど…こちらも夜明け前だったので人かげはありませんでした。
11日未明は満月に近い月夜で、月明かりがかなり強烈でした。慰霊塔の上に立つ観音様の背後からきれいな月の姿が光輝いていました。↓

日和山でも街明かりに混じって、月が煌々と地上を照らしてくれていました。↓

震災発生から間もなく6年となります。
この1年間で日和山周辺では災害公営住宅が建設され、灯りが少しずつ増えてきました。
しかし、その一方で、石巻市内では未だにプレハブ仮設住宅が残り、そちらで避難生活をされる方々が残っている現実もあります。特に経済的に仮設住宅を退去できない方々が多く残っているとも伺っております。
今後はこの方々をどのようにサポートしていくのか?…これが社会に課せられた問題だと思います。引き続き、震災を忘れず、どうすべきか?…一緒に問題解決に向かうような事を考え、引き続き自分が出来る範囲での活動を続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

宮城県南三陸町石浜の飯綱神社の様子

少し時間が経過してしまいましたが、12月18日(日)に宮城県南三陸町歌津石浜まで出かけてきました。
この石浜地区は地区内の住民の方が震災直後に私ども箟岳山箟峯寺にいらっしゃり、勤務していた私に「当時東松島市にいたのですが、箟岳山の方向に逃げたおかげで助かったので、御礼参りにきました。」とおっしゃったものですから、私もそのかたのお話しをさらに詳しく伺ってみると、お住まいの石浜地区ではライフラインが寸断、支援物資もなかなか届かず、地区の住民の方々の食料や飲み水がままならないと言うお話しだったので、天台宗からいただいた支援物資をお繋ぎし、さらに天台宗埼玉仏教青年会の皆様が、足しげく震災復旧の支援活動を現在も続けられている地域であります。

私は自分の法務やプライベートの諸用がたて込み、なかなか伺うことができていませんでしたが、18日にようやく時間を作ることができたので、地域の行政区長さんのお宅にお伺いした次第です。
この石浜地区での最大のニュースは地区内にある『飯綱神社』の社殿の改修工事が完了、11月27日(日)に落慶された事でした。

↑こちらは飯綱神社の入り口の門です。
昭和28年にこちらの地域の漁師さんが、鯨の牙を用いた門を作られたそうです。
現在の門は漁船にも使われるFRP製の物だそうですが、鯨の牙の門は現在、南三陸町歌津の地域民族資料館で厳重に保管されているとの事でした。
この門を通り抜け、およそ100段あろうかと思われる階段を登った先に…↓

真新しい飯綱神社の社殿が姿を現しました。
飯綱神社は高台にあるため、東日本大震災の大津波では被害は免れましたが、その時の大地震で古い社殿は倒壊してしまい、震災から5年以上経ったこの秋に、ようやく完成しました。
銅板の屋根が輝き、桧の香りが辺りに漂う真新しい社殿でした。
行政区長さんのお話しだと、飯綱神社は地域の方々の心の拠り所として、長く信仰を集め、「神社の再生なしに地域の発展はなし」と言う存在であるそうで、神社の再生が果たされ、ようやく震災からの復旧が果たされた感覚をお持ちの住民の方々が多くいらっしゃるそうです。
今回、神社の再生復旧に当たっては、私ども天台宗の埼玉仏教青年会を始め、群馬仏教青年会や天台仏教青年連盟が物心両面のお手伝いをされ、地域の方々は大変感謝されていました。
一番最初にこの石浜地区と埼玉仏教青年会を繋いだ私としても、今回の神社の復旧は大変嬉しいニュースでした。
私からも神社復旧にご尽力いただいた関係各位に御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

山形県天童市の若松観音若松寺へ

1つ前の記事に書き込んだ、石巻市と東松島市に出かけた後、一度自坊に戻ってから妻とともに山形県天童市の若松観音若松寺(じゃくしょうじ)に出かけてきました。
滅多に雪が降らない、太平洋沿岸部の石巻市と東松島市が雪化粧していたので覚悟はしていましたが、山形県は本格的な積雪になっていました。
道中の山形自動車道は笹谷トンネルの東側から積雪状態で、チェーン規制が出されるほどでしたが、無事に目的地、若松観音まで到着しました。

(平成28年12月11日午後2時37分の山形県天童市の若松観音若松寺駐車場の様子)
この日は生憎の天候だったのですが、若松寺さんでは行事があったようで、『平泉』ナンバーの車が駐車するなど、思ったより駐車場に車が駐車していました。


(平成28年12月11日午後2時38分の若松寺本堂の様子)
若松観音は山深い場所にあり、こちらは私たちが出かけた時には、すでに10cmほどの積雪になっていました。
実は若松観音は『縁結びの観音様』としても有名で、私の妻が去年、縁結びの願掛けをしていたそうです。私も約3年くらい前にこちらをお参りした際に、やはり縁結びの願掛けをしておりました(笑)
妻からはプロポーズをした時に御礼参りをしたいと言われていましたが、結婚してから慌ただしい日々が続いてしまい、ようやく念願叶って御礼参りをさせていただきました。
縁結びが成就した事への御礼とともに、観音様と妻に感謝をしながら、これから末長く夫婦生活を過ごせるように願をかけて、若松観音を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本大震災から5年9ヶ月経った宮城県石巻市と東松島市の様子

少し時間が経過してしまいましたが、東日本大震災が発生してから12月11日(土)で5年9ヶ月が経過しました。
11日の朝、いつものように東日本大震災の大津波で甚大な被害に遭った宮城県石巻市の日和山と東松島市大曲浜に出かけ、犠牲になられた方々のご供養のお勤めをさせていただきました。

宮城県地方、11日は深夜から雪が降っていたようで、私が起きた午前6時には雪化粧されていました。

(12月11日午前7時36分の宮城県石巻市日和山の様子)
こちらは日和山の上の様子ですが、普段あまり降ることのない石巻市でも雪化粧がほどこされていました。
雪の影響もあるのか?はたまた、日曜日だったためか?いつもならば散歩をされる方々の姿があるのですが、この日は人の姿はありませんでした。
この日和山から海の様子を見ると↓

(平成28年12月11日午前7時36分の宮城県石巻市日和山から見た門脇町の様子)

日和山のふもと、門脇町も雪化粧されていました。
風景は先月と変わりませんが、雪景色に厳しい冬が来ていることを実感させられました。

その後、私は車で15分ほどの宮城県東松島市大曲浜へと移動しました。

(平成28年12月11日午前7時55分の宮城県東松島市大曲浜の墓地の様子)
東松島市大曲浜もうっすらと雪化粧がほどこされていました。
こちらも人影はありませんでした。
今年最後の東日本大震災月命日でしたが、思わぬ雪景色に今年の冬が厳しくなるのでは?と感じて帰路に就きました。
まもなく東日本大震災発生から丸6年が経とうとしています。毎年思うことですが、来年も平穏無事な1年であってほしいものです。
そして、来年以降も東日本大震災の事を忘れず、私が出来ることを続けていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

平成28年天台宗陸奥教区一斉托鉢会

今日、11月12日(土)に青森県平川市尾上にて『平成28年天台宗陸奥教区一斉托鉢会』が開催されました。
天台宗では12月1日に『全国一斉托鉢』と称して各地で托鉢会が開催されますが、青森県、岩手県、宮城県の3県からなる陸奥教区では雪の時期になる12月を避け、若干早い時期に毎年托鉢会が開催されております。

(平成28年11月12日午後1時18分撮影)
青森県平川市では、おととい雪が降り積もっていたそうですが、今日は気持ちの良い青空が広がり、日差しが降り注ぎ気温も14℃くらいまで上昇し、穏やかな天候のなかでの托鉢会となりました。


今日は陸奥教区内の天台宗寺院から24名の僧侶、さらには拠点寺院としてご協力いただいた平川市の浄土寺様の寺族や檀信徒の皆様9名にご協力いただき、7つのグループに分かれて、浄土寺様の檀信徒のお宅を1軒ずつ廻らせていただきました。
結果、約5万円ほどの御喜捨をいただきました。
御浄財は地元平川市社会福祉協議会にすべて寄託させていただくそうです。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

ちなみに私は平川市から日帰りで300km離れた自坊に戻っておりました。滞在時間5時間、移動時間9時間と言うなかなか楽しいドライブとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧